ほくろ・いぼ

電気分解による方法

¥5,000
(直径1mmにつき)

メスを使わないで、ごく少量の局所麻酔をした上で、ホクロ細胞のサイズぴったりに取り除きます。治療後すぐに水に濡らしたり洗顔もでき、生活に支障の出ない手軽な方法です。

メスによる方法

¥50,000〜
(サイズと部位で決まります)

サイズの大きなものや、変形などのリスクのある部位はメスを用いて切除し、形成外科的に綺麗に縫合します。形成外科専門医の腕の見せ所です。

たくさんある場合にはお問い合わせを


                表示の料金に加えて消費税8%がかかります。




ほくろ・イボのQ&A


ホクロはどのようにして取るのでしょうか?

ホクロを取るにはCO2レーザーもしくは電気分解という方法をとります。局所麻酔をチクッとして、ホクロの黒い色を削ります。処置した跡は転んだときの傷と似た状態になり、1週間強で皮膚がはって治ります。 それまでの期間、洗顔もできますし、お化粧も可能です。 治療後2〜3ヶ月かかって赤味が抜けて他の皮膚と同じ色になります。 大きなホクロや部位によっては、メスで皮膚ごと切り取り丁寧に縫合する方法を選択します。 こちらの方法でも術後の負担は最小限ですみますので、診察時にご確認ください。

ほくろやイボを除去したら翌日には化粧は可能ですか?

治療部位以外はすぐにでもお化粧が可能です。 治療部位にファンデーションを塗りこむとくぼんで治ってしまう原因になりますので、その部分には肌色のスキンテープを小さく貼ってからメイクをすることで、ほとんど目立たなくさせることができます。

ホクロを除去したのですが、再発してしまいました。

ホクロ(母斑細胞といいます)は、メラニン色素を含んだ黒いものと含まない透明の細胞があります。治療時には黒いものは当然取り除きますが、透明のものは正常の皮膚との判別がつきにくいため、傷跡を最小限にするためにギリギリでホクロをとります。 治療後しばらくしてから透明のホクロ細胞が色をつけてくることがあります(いわゆる再発)。当院では再診料のみで追加治療をお受けいたしておりますので、お電話にてご連絡ください。

顔に大きなホクロが有り気になっています。大きなホクロはレーザーで取れますか?

6mm以上の大きなホクロは切って縫い縮める方法が第一選択となります。 レーザーでの治療はケロイドのような盛り上がった治療跡が目立ってしまうことがあります。そこで、皮膚ごとメスで切り取って縫い縮める手術を行います。5〜7日間は糸がついていますがごく細い糸なので目立ちません。縫合を得意とする形成外科専門医が施術しますのでご安心ください。 また、他院レーザー手術などで、傷跡が盛り上がってしまった場合でも同じように縫合手術を受けることが可能です。

太田母斑(青黒いアザ)を取りたいと思っています。

いわゆる青アザにはQスイッチレーザーが第一選択となります。 レーザーをあてた部分は天ぷら油を飛ばしたあとのヤケドみたいに水ぶくれになります。軟膏を塗っておくと、約1週間で薄皮がめくれてアザの色が薄くなります。約1.5〜3ヶ月あけて追加照射することでさらに薄くなっていきます。

背中にタトゥー(刺青/入れ墨)をいれていましたが、消すことはできますか?

紺色線彫りの部分はレーザー治療で効果的に取れます。 赤、青、黄等の色のついている所は皮膚のを切り取って縫い縮めるか、面積の広い場合は皮膚移植等の手術で対処します。 レーザー治療の場合には通常繰り返すことによりどんどん色が薄くなっていきますが、一連の治療が完了するまで時間がかかります。 皮膚移植はもともと全身やけどの救命治療で行われる手術手技でありますが、当院院長は熱傷センターでの手術実績がありますので、安心してご相談ください。

アイラインのアートメイクをしています。細く、又は消すことは出来ますか?腫れ、痛みなどはありますか?

レーザー治療で薄くすることができます。 色合いによっては何度か通院する必要があるかもしれません。 天ぷら油がとんだときのような腫れ・痛みが多少ありますので、休み前に施術を受けられるとよいでしょう。